人影はまばら

私を見て!

 近間の水芭蕉園に出かけた。ちょっと遅いかとも思われたが、まずまずだった。帰りに丹霞郷に寄ってきた奥裾花自然園の水芭蕉も見事だが、むれ水芭蕉園は、自宅から近いので丹霞郷とセットで出かけた。少人数だが見物人もポツポツ来ていた。むれ水芭蕉園の近くには霊仙寺湖があり、温泉や広い公園、キャンプ場、ホテル、別荘などがある。公的施設は休業であったが、公園には子供連れなどの家族連れが来ていた。
3蜜でなければ大丈夫? ”STAY HOME” と言われても子供は、何時までもSTAY HOME”
ではいられない、そういう私も。
花見は不要不急か?花見をしなければ落ち着かない。精神衛生上よくない。だから不要ではない。今行かなければ花が散ってしまう。だから不急ではない。3蜜ではないから・・・。

 

赤茶けた流入水

 霊仙寺湖は、鉱毒対策事業で建設された。ここ一帯の土地は鉄分が多く、その鉄分が水田に流れ込むと耕盤が固くなる。霊仙寺湖はその鉄分を沈殿させるためのものである。ただ、鉱毒対策事業という名称はいかがなものか。堤長637m、堤高8m、満水面積16.6ha、貯水量464,000m3。

丹霞郷の桃の花