奥社本殿

 飯山市瑞穂の小菅神社に初詣に出かけた。小菅神社は天文年間(室町時代)に再建されたとされ、昭和39年に重要文化財に指定されている。長い杉並木の石段を600mほど登るとそこから先は山道になる。奥社本殿までの中間辺りである。今年は雪が少なく、歩きやすいのだろう。冬に来たのは初めてである。石の上に薄っすらと雪が被り滑りやすい。
創建は役小角(役行者)といわれるから、飛鳥時代まで遡る。修験道の開祖とされ実在の人物らしい。昨年は水害があったので、今年は災害のない年であるよう祈願してきた。登山靴にスパッツで登った。登り50分、下り40分。

杉並木 県天然記念物

小菅神社のいわれ

奥社まで100m

参道の石段