MM会はMMの患者会である。今年、会長と副会長が亡くなるという不幸が続いた。

 会長は、新聞に名前と顔写真付で自らの病気を公表し仲間を募った。その勇気と行動力には敬服する。だから、このような苦難があってもこの会を続けて行きたい。
 副会長は、会のホームページを作り、車については私と趣味が同じく、懇意にお付き合いできた。これからも長くお付き合いいただきたい方だった。残念でならない。今は会計さんにがんばっていただいている。

 あと二年したら、会のためにお手伝いしたい。今日は、私の10年に及ぶ治療経過を、血液検査グラフとして会員の皆様に提示した。MMとはこういう病気である。