秋晴れの天気となった運動会だった。気温も上昇して熱中症が心配されるほどだった。町民運動会から数えると第49回となる。わが公民館は昨年ブービー賞となったため、今年は優勝を目指した。結果は準優勝。大縄跳びは若い世代が有利な中、わがチームは高齢ながらよくがんばって2位となった。1分間に何回跳べるかその回数を競う。1分間の練習中にすでに疲れてしまったか、本番では1分近くたつころには足がもつれだした。しかしよくがんばった。運動会の花形はなんといっても年代別リレー。観客が前のほうにせり出してくる。わがチームはアンカーが踏ん張って4位から2位に浮上。これら選手の健闘で準優勝となった。今回は長野市長が挨拶にみえた。市長選もあるからだろう。 

 子供たちからお年寄りまで、暑い中楽しめた運動会だった。これで公民館の今年の行事は終わる。皆様早朝からの準備、試合後の片付け、ご苦労様でした。まだ慰労会があるんだった。もう一がんばり。