初寄りとは、新年になって初めての寄り合い。初顔合わせで、新年のあいさつをする。隣の市と合併する前は、正月から自治会の役員が変わった。しかし、隣の市と合併して、自治会の役員も行政に合わせて4月から変わることとなった。
そこで、初寄りで役員改正案をつくり、3月の総会で決定している。役は基本的には年齢順に下がってくるものと、ある一定周期のローテーションで回ってくるものがある。高齢化で自治会長は2巡目となっている。高齢になると健康上の都合でローテーションから外れる方も出てくる。その上の区幹事や氏子総代などは更に高齢者というわけにもいかない。必然的にある年齢層のところに集中してくる。
私は、引き続き公民館の学習委員長と農業共済の関係と環境整備委員を仰せつかった。行事が多いので、徐々に減らしてもらいたいと、個人的には思っている。その後懇親会となって散会した。