img_20161230_114955  img_20161230_122056 img_20161230_140302暮れになって恒例の餅つきをした。準備が面倒だとか、餅は太るからいらないとか、意見はあったが、私は太っても餅が食べたい。剪定枝がたくさんあるからその処分もしたい。やりたかったら、一人でやったら?といわれたが二臼つくので一人ではできない。次男だけでもなんとか言いくるめて始めた。
 今の子供は直火の扱いを知らない。火の焚き付け方を知らない。今日は風があって火がよく燃えた。風に煽られた火の怖さも知る必要もある。子供に火の番をさせ、糯米を蒸かす間、私は臼や杵、餅を延ばす板・棒等を洗った。
面倒なら、切り餅だけでぼた餅やきなこ餅等はいらないと言ったが、結局昼飯代わりに作ることになった。餅は太ると言ってた娘も作ってもらえば食べている。子供の頃、腹が減れば自分で餅を焼いて食べたものだが、今の子供は、自分から餅を焼いて食べようとはしない。