img_20161123_142647

コア まず全体的に眺める 色 打音 硬さ 赤は酸化=水位変動があった 乱れたところはもろい→地すべり面か

img_20161123_142747

地すべりで道路中央まで崩落

img_20161123_143021

地質調査七つ道具

 地質調査では地質図と層序図が使われる。層序図は一般的に下が古い。地質図は古いものは濃く新しいものは薄く画かれる。礫岩=茶系、砂岩=黄系、泥岩=青系、チャート=橙系、石灰岩=青系、火成岩=赤系、変成岩については色の規定はない。地質時代については、第四紀=水色系、新第三紀=黄系、白亜紀=緑系、ジュラ紀=青系。
 大雑把に言えば軟岩はN値50までバックホウで削れる。硬岩はN値50以上ピックを使う。一般に法面工法は岩盤硬度で判断する。ダムなどの高い水圧の作用下にある基礎地盤の水の通しやすさをルジオン値(Lu)という。、透水性を表わす指標。

ジオン値(Lu)とは、ダムなどの高い水圧の作用下にある基礎地盤の水の通しやすさ。一般的な土木工学では透水係数(cm/sec)を用いる。凝灰岩は火山灰が固まったもの。tuff。地質図の作成は同じ地質の出たところをつないでいく。

%e5%82%be%e6%96%9c%e3%81%a8%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8e%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e8%b5%b0%e5%90%91