img_20161203_123118

 私の所属する山岳会の創立50周年記念パーティがあった。新宿の高層ビルだった。高いところが好きだからか、いや50周年だから50階でやりたかった。だがわずかに及ばなかった。OB・OG、現会員、会友など約70名が参集した。懐かしい人にも会えた。

 私は入会して33年ほどになる。私が入会したころ、喫茶店の片隅で数人が集まり例会を開いていた。会報はB4版1枚ということもあった。会が一番低迷していたころのようだった。しかし今は会員数数十名、会報も立派な冊子となって発行されている。山行計画も沢山出ている。

 記念事業として、各都道府県の最高峰を全部登ろうという計画があった。多い人は十幾つの最高峰を登っている。長野県の最高峰くらいは私が登るべきだったと反省した。また、創立時からの会報全部を保存したCDも作成された。会の歴史であり私の宝物となった。創立会員、会の低迷期に会を継続させた会員等に感謝状が贈られた。そういう人たちによって今の会が継続している。だから、長野に帰郷した今でも、私は会員として残っている。実行委員の皆様、1年近く前からの準備本当にありがとうございました。

 次回の創立記念パーティはいつになるか。我会お薦めの山、ルートの百選を作ろうということで散会となった。みんなと山に行こうと思った一日だった。

img_20161203_075110

横川で休憩 妙義山の景観