久しぶりに食卓テーブルで朝食。倉敷市街を一望してゆっくり朝食をとった。大きめのフライパンがあれば大概のものはつくれる。米は無洗米がいい、水と時間が節約できる。環境にもいい。ご飯は鍋で炊く。水さえあればなんとかなる。油はキャップから漏れてクーラーボックス内がべたべたしやすいのでラードを使っている。醤油もワンタッチ式キャップは漏れるので、ねじ式キャップのビミサンを代用する。ビミサンは万能だ。コンロはふたつあるといい。ご飯を炊いている間におかずを作り、お湯が沸かせる。出発を早められるということだ。

 倉敷というと、水郷、柳、なまこ壁・・・。テレビに出てくる風景が思い浮かぶ。そういう街並みが好きだ。8時過ぎに倉敷駅北口の駐車場に入る。係りの人に、倉敷の例の風景を見に来たと言ったら、美観地区のことだと言って親切に教えてくれた。南口から10分ほど歩くと美観地区入り口に着いた。こういう風景好きだな~。天気もいいし、写真をたくさん撮った。

IMG_2788

IMG_20160420_083244 なぜか猫にまつわる話もあった。トラ元気かな~。

駐車場に帰ると係りのおじさんが、
「どうだった~」
と番小屋から出てきた。
「とてもよかった。こういう風景残してもらいたい。」
 暫らく雑談して出雲大社に向かった。

IMG_2829 出雲大社に着いたのは14:00だった。縁結びの神・福の神として名高い。日本最古の歴史書といわれる「古事記」にその創建が記されている。1時間ほど見て、アッ、足立美術館もあった、と気づいた。足立美術館まで約60km。今からなら約1時間ほど見学できる。庭園日本一、世界が認めた庭園を一目見ておきたい。入館券1人2300円。流石だ。横山大観の絵もたくさんあった。倉敷のような街並み、日本庭園、そういうのが好きだ。職業を誤ったか? いやいや、日本の農村風景も素晴らしいものだ。

 今夜は因幡の白兎の里泊。