IMG_2710 彦根城についたのは8:00だった。国宝だけあって整備が行き届いている。スタッフも多い。関ケ原の合戦の後豊臣秀吉を牽制するために、徳川家康がつくらせたといわれている。1607年頃からの姿がそのまま残されている。城見物の後は城下町を歩くのもいいだろう。私は折り畳み自転車を持って行ったが。

IMG_2712 風呂に入りたくなって、12坊温泉ゆららに寄る。1時間ほど休憩して、柳生の里に向かう。途中、某農村公園で昼食、農村の公園は管理されていないことが多いが、ここも御多分に漏れずであった。木津川に架かる笠置橋(かさきばし)に側道橋が併設されていた。上伊那の広域農道で同じような歩道橋の設計があるかもしれないので、参考に見ていく。箱桁の鋼橋だった。側道橋の橋脚と道路橋の橋脚が連結されていた。 IMG_20160417_124030 IMG_2723

 柳生の里に着いたのは15:45だった。昭和46年放送の「春の坂道」のロケ地で、その作家山岡壮八氏の所有であった、山岡氏の遺志により奈良市に寄贈された。時間が遅く陣屋跡の中に入ることはできなかった。  

 綺麗に積まれた石垣があった。隙間なく積まれた合端が見事だ。隙間から雑草が生えると石垣を緩ませる。裏込めに礫を使い土分をなくしているのだろう。一つ一つ合端を加工して積み上げている。手間と金をかけている。城壁の造りである。敵に登られないようにホールドの無い平滑な石面に仕上げられている。今夜は猪名川町泊。21:00着。 

IMG_2741

IMG_2742